一般社団法人 日本植物蛋白食品協会
植物たん白とは? 植物たん白Q&A 調理例 研究報告 協会活動案内 会員企業一覧
研究報告
通常の食生活において蛋白質は肉、魚の他いろいろな食品から摂取され、植物性蛋白質だけあるいは動物性蛋白質だけという単体の蛋白質源を摂取するのではなく、多様な蛋白質が組み合わさった形で摂取されます。従って、「植物性たん白の栄養価」だけを取り上げて単純に評価することは難しく、蛋白質の栄養価はエネルギー摂取量など他の栄養的要因によっても左右されるため、質的、量的な関係を考慮して表していく必要があります。

1. 日本人の栄養摂取の現状
各国との比較でみた日本人の栄養摂取

2. 蛋白質所要量
  各国との比較でみた日本人の栄養摂取

3. 蛋白質の栄養
  @ アミノ酸組成による栄養価の評価
  A ヒトまたは動物の試験による栄養価の評価(生物価、消化吸収率)
  B 植物性たん白のアミノ酸組成
  ・・・文献


普及活動
長年に亘って、日本医療栄養センター(外部リンク)所長の井上正子先生に「植物性たん白の普及活動に関する研究」というテーマで研究活動をお願いしていました。毎年の日本栄養改善学会学術総会の場で示説発表いただきましたので、そのうちの直近3年分をご紹介します。

2016
    「植物性大豆たん白の普及活動に関する研究(第11報)
〜主婦、短期大学生へのSPI調理指導。官能評価結果〜」

    表紙・抄録(PDF:180KB) / 資料(PDF:755KB)

2017
    「植物性大豆たん白の普及活動に関する研究(第12報)
〜高齢者を対象とした植物性たん白を用いた調理指導その1〜」

  表紙・抄録(PDF:463KB) / 資料(PDF:661KB)

2018
    「植物性大豆たん白の普及活動に関する研究(第13報)
〜高齢者を対象とした植物性たん白を用いた調理指導その2〜」

  表紙・抄録(PDF:169KB) / 資料(PDF:874KB)


© 2013 一般社団法人 日本植物蛋白食品協会