一般社団法人 日本植物蛋白食品協会
植物たん白とは? 植物たん白Q&A 調理例 研究報告 協会活動案内 会員企業一覧
研究報告

1. 日本人の栄養摂取の現状

日本人のエネルギー摂取量(1)は、2,023kcal(平成6年)でほぼ適正な値となっておりますが、蛋白質、脂質、炭水化物などをバランス良く摂ることが必要です。
食事内容のバランスがとれているかどうかの判断のひとつとして、摂取した総エネルギーに対する
P(Protein ; 蛋白質)、F(Fat ; 脂肪)、C(Carbohydrate ; 炭水化物)に由来する各エネルギーの割合が用いられています(PFCエネルギー比)。
日本では、それぞれの理想的な値は、P:12〜14%、F:20〜25%、C:61〜68%で、本人の平均的な摂取量はいずれもその範囲内にありますが、長期的にみると、Cが減少、Fが増加の傾向にあり、アメリカ、イギリスのパターンに接近しつつあるようです(2)(3)(4)。

P・F・Cエネルギー比の国際比較を図-1に紹介します。

図-1 P・F・Cエネルギー比の国際比較
図-1 P・F・Cエネルギー比の国際比較
© 2013 一般社団法人 日本植物蛋白食品協会